スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月11日の原型師交流会と夏のWFの話

お久しぶりです。

タイトル通り5月11日に浅草橋で行われた原型師交流会に参加させていただき、色々と勉強させていただきました。

そこで見聞きした事を少しお話したいと思います。

この交流会はアマチュアからプロの方まで参加しているイベントで数々のプロの方から貴重なアドバイスをいただけるとても貴重な機会を与えてくれる場です。

今回は前回のWFで頒布しましたアヌビスについて色々とアドバスを頂いてきました。

まとめてみたので紹介させて頂きます。

0001.jpg

1、これは3DCGによくあるところで、左右で同じ形状、方向も綺麗なミラー形状で動きがない。

2、これも3DCGによくあると言われてしまったところでもあり、自分なりに気をつけていたはずの部分だったのですが・・・毛の表現が単調である。

私自身単調にならないようにと考えて作っていたのですが、ちょっと考えのベクトルが違っていたという

違いがわかりずらかったと言いますが、

私は単調にならないように「毛の長さと凹凸の高さ」をランダムにしていたのですが、アドバイスで頂いた方からは、「同じツールで同じように作られた様な表現」と言われてしまいました。

目から鱗と言いますか・・・まったくもってその通りだと・・・

これは手作りでも同じらしく同じ道具で作ると同じような表現になってしまうということで

「ツールのままの形状にしない」

今回多くのアドバイスを頂いた中で一番心に残る一言でした。

あとは手首の動きを考えて手首の内側にも跳ねを入れるともっと毛っぽい表現ができるのではとも頂きました。

3、こういった小物にも力を入れてほしいと、鞘に刃が納まっている様に見えないなど・・・

やはりプロの方から見ると一発で手を抜いた所がばれてしまうようで・・・・

4、これも注意して作ってたはずなのですが、どうも私は注意するところが違うみたいで・・・

写真を見れば言いたいことはお分かりになると思うのですが、毛先が綺麗に並んでしまっている

わかりにくいと思いますが毛束の分かれる位置、高さも綺麗に揃っている

もっとランダム間を出せば動きのある造形になったのではと頂きました。

写真だとわかりにくいですが、首と頭関係がおかしいが、組んでみると違和感がないので問題ない・・・わけではないですが、別アングルからみてもそれほど違和感ないので・・・やっぱり問題ないと

総評としては良くまとまっている、顔の面取りなどもかわいい中に凛々しさがあって特に指摘する所は無いとの事・・・社交辞令かもしれないですがぼろくそに言われた日向装備と比べたら進歩したのでしょうか

アドバイスは素直に受け取れるのに褒められると疑ってかかってしまうのは・・・性根が腐ってきてるなぁ

アヌビスのアドバイスを頂いた後はその方の後を追って他の参加者の作品のアドバイスを聞いて回っていました。

そこで気になったアドバイスをいくつか

造形の上達として、技術のほかには「キャラクターを知る」「物を知る」と言われていました。

キャラの外見の特徴も大切ですが性格なども理解すると表情やポーズなどにも反映できる。

物を知ることでそのパーツがどのような構造をして他の造形にどのような影響を与えている。

例として頭部に大きなリボンが特徴的なキャラクターの造形でただリボンをつけるだけで満足する人が多いい

ただリボンが乗っているだけではなく、どうやって固定されているのか、首の動きなどポーズによる形状の変化などを考えないとつまらない造形になる

他には「ベストアングルを決めて、そこから見た際に目に刺さる様な造形は避ける」でした。

まだまだ色々なことを聞きましたが全部書いてるときりが無いのでこのあたりで。



続いては今後のイベント参加なのですが・・・

タイトル通り次回参加予定はWF2013夏です。

今回は・・・というか今回もほっけ水産での参加ではありません。

会社で有志を募りサークルを結成しました!

名前は「バターナイフ」です。

そして今後、臨時ではありますがこのブログをバターナイフ仮ブログとして

作品紹介を行っていきたいと思います。

前回の記事に可動フィギュアを出すといってましたが、こんな感じになってます

2013WF(s)

これを素体に確固製作中です。

途中ですが私はこんな感じです。

0428_3.jpg

現在はもうちょっと進んでます。

一応オリジナルのメカ娘です。

可動フィギュアの他には、冬に申請ミスをした日向装備を頒布予定です。

ちなみに顔は作り変えておりますw

あとアヌビスなの再販は今回はありません、冬の申請時に何やら別のサークル様がクロビネガ様の魔物娘図鑑を版権申請したらしく

今回から版権物扱いになってまったので再販は見送りさせていただきます。

私は直接クロビネガの健康クロス様にオリジナルでの申請を許可していただいていたのですが。

流石に版権コードに載ってしまったら版元様がオリジナルでいいですよといっても駄目だろうしなぁ・・・

ってことで再販は早くて冬になるかも・・・しないかも・・・

ってなわけで最悪月に一度は記事書きたいなぁってことで

夏にお会いしましょう~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ニコニコ動画経由でたどり着きました。
東方の隠れた名作を漁っている内に、ほっけさんの動画を見つけ、拝見いたしました。
すっごく面白かったです。
肝心の最後が未完のままに終わっていますが、もうお書きにならないのでしょうか?
せめて、どんな終わり方をする予定だったのかだけでも、お教え頂けないでしょうか?

No title

本当に面白かった

。私も昔、人気あったSSを途中で放棄して逃げ出した経験があるので、
一度離れた作品は再開する気がしないのは理解できます。

だから再開できなくてもいいから、最後はどうなる予定だったのかだけでも教えてくださいな。

Re: No title

まさかあの動画からここにたどり着く方がいらっしゃったとは・・・

動画を見ていただいてありがとうございました。

お察しの通り、あの動画に関しては再開する予定はございません・・・

この様な中途半端な終わり方、投げ出し方をしてしまい申し訳ありませんでした。

簡単にその後のお話を説明しますと、

マリサ達の演奏が終わった後にサクヤからフランにアリスに作ってもらったレミリア人形をプレゼントします。

そのプレゼントをいたく気に入ったフラン

パーティーは終盤、〆の挨拶をレミリアが始めます。

話す内容はフランについて、彼女を幽閉していた理由、多くの人間や妖怪たちを招いた理由

フランは自分を制御しきれていない、ちょっとした弾みで大切な人を殺しかねない。

そうなればきっとフランは自分を責めて自分を壊してしまうかもしれない。

しかし、私(レミリア)には彼女を御する事ができなかった

だから幽閉した、私を憎んでくれても良い、憎むことで少しでもその力の矛先が私に向いていてくれれば

無用な死を回避できる、彼女が悲しむこともないだろう

そんなある日、現れた紅白と白黒の人間に館をめちゃくちゃにされた挙句、妹をぼこぼこにされた

その出来事がきっかけでフランは人間の脆さと強さを理解した。

その後もマリサとじゃれることで情緒が安定してきたと・・・

そして私は自分の行いがフランには逆効果だったと気づかされた。

人と触れ合う度にフランは色々なことを吸収しどんどん安定していった

だからこれからは館に閉じ込めずに外の世界出そうと・・・・

そのために、この世界の人々に自分の妹を理解してもらい、道端で出会っても怖がらずに挨拶をしてほしい



とレミリアは来客に向かって深く頭を下げる。

困惑するフランにパチュリーがレミがあなたにしてきたことは全てあなたを思っての行動だったと語りかける。

真相し知ったフランはレミリアと和解し、めでたくパーティーは終わり二次会がスタート・・・・



一応ここまで後編の後編のその4の内容で絵も一応描いてありました。


その後はレミリア人形を気に入ったフランがなかば強引にアリスに紅魔館のみんなの人形を作ってもらったり

パーティー時に瀕死の状態で取材して発行された文々。新聞にアリスの人形が妹様の狂気を払い除けたと大々的に取り上げられたのが原因で

幻想郷一かわいい魔除けと評判となり人形作製の依頼がひっきりなしに届くようになったり

フランが通うようになった寺子屋で裁縫の先生として人里に頻繁に出向くようになったり

魔除けの話に尾ひれがついて好きな人にアリスに作ってもらった自分の人形をプレゼントすると高確率で

恋が実ると噂されてちょっとしたブームになったり

ここで各メジャーなカップリングでお互いの人形を持ってる絵を何枚か描く予定でした。

動画の最後はアリスがマリサに自分の人形を渡そうとするところでEND

っとなる予定でした。

かなりうろ覚え(特にレミリアのくだり)ですが、大体こんな感じになる感じでした。


せっかく動画を見ていただいたのに最後が文章での説明のみになってしまい誠に申し訳ありませんでした。

無いとは思いますが、今後この様な事が無いように投稿した動画は近日中に削除させて頂きます。

重ね重ね申し訳ありませんでした。

No title

いやいや、削除しないで下さい。
せっかくの名作がもったいないです!
あれはあれで何度も見返して楽しめますので!!

古典でも、一部や後半が散逸してしまった作品が多数ありますが、それでも、残った部分は名作として何百何千年も親しまれるものなんですから!

文章の説明でも、十分楽しめました。
もう一度動画を見返して、その文章を脳内動画に変換して楽しんできます。

有難うございました。

No title

しかし、
本気出したメイリンもカッコ良かったし
咲夜さんも凄かったし
最後のレミリアが駆けつける場面も凄い迫力あったし
本当に良かった。

ピクシブを拝見しましたが、画力も凄く向上なさってるんですね。
今の画力で作ってたら、上位に食い込んでたでしょうね。
せっかく良いストーリーなんですから、いつか、同人漫画としてリメイクされる日がくる事を祈っております。
プロフィール

ほっけ999

Author:ほっけ999
ほっけ水産(バターナイフ)へようこそ
魔物娘、メカ娘などを中心にフィギュアやイラスト
3DCGなどを描いたり作ったりしています。

pixiv http://www.pixiv.net/member.php?id=386394

ツイッターhttps://twitter.com/hokke19

何かありましたら連絡はこちらまで
hokke999★gmail.com ★は@に変えてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。